スポンサーリンク

【ボールルームへようこそ】13話 感想:彼女らに足りないものとは?

千鶴さんが雫の成長した姿にしか見えない件について。
絵のタッチ、というか一人の作者が描いてるんだから似てる雰囲気になるのは当然だけど……それにしても似てないかな、と。
ただまぁ―――――

雫(眼鏡装備)が一番かわいい子という事実は変わらない。

惜しかったな、千鶴よ。
眼鏡を装備して出直してきてください。
千夏も(ry

というわけで、ボールルームへようこそ 13話「お見合い」の感想です。

※ネタバレ注意

評価:★★★☆☆

前回から新OPになったわけだが……

自らネタバレしていくという斬新な演出により、ストーリー(展開)的には糞ほどおもんない。
OPが無くてもこのタイミングでわざわざ新キャラを出すってことは? のように、だれでも読める展開ではあるんだが……いざ組んでから新OPになる心遣いが欲しかった。

さて、本編の話。

千鶴や千夏との本格的な絡みによってにぎやかしさは増えたように思う。
見るべきキャラが増えたという点では面白かったし、「おいで!(千鶴)」の件はなかなかの草シーンで、熱い展開が続いてきただけにこういう顔がついつい綻んでしまうようなシーンは僥倖と言えるんじゃないかと。
千夏のツンデレっぷりや彼女の抱えてるもんが何なのか……などの注目点がちゃんと用意されている。組むという結論はばらされたが、それを差し引いても悪くない話だったのではないでしょうか。

 

 

最後に

今回が感想再開の一発目になります。

前期で唯一全話視聴してる作品なんで、なんとか書けたが文字数的にまだまだ……
もうちょっと長めなのを書けるようにリハビリしていきたいと思います。

 

そして……

女性陣がイケメン過ぎて草。

スポンサーリンク