スポンサーリンク

【スロウスタート】1話 感想:最後でまさかの!?

今期のきらら枠。
ところでタイトルの「スロウスタート」ってどういう意味が? と思ってたら、まさかの!?

というわけで、スロウスタート 1話「はじまりのどきどき」の感想です。

平凡なきらら枠、と思わせて…

うん、普通。普通によくあるきらら枠。

キャラに魅力は感じるが、話としては光るところのない作品だな。なんて思ってた時期がありました……。
最後に明かされる。「スロウスタート」の意味。中学浪人で17歳の高校1年生だということが明かされたとき、えっ!?ってなった。そのオチを含めてみれば、ちゃんとスロウスタートしてたな……と。この作品のオリジナリティーを発揮してきていて、楽しめる作品になっていた。

笑えるし、驚きもある。
そして、ゆるい。
普通に良いきらら枠でした。
もちろん、

これを見せられたらもう……「良い」以外に書く言葉が思いつかなかった。

評価:★★★★☆

面白かった。

最後のオチが無ければ「キャラは可愛いが普通」という感想になってたかもしれん。その感想を覆して高評価にする、とても良いオチ、真実だったと思う。周りがこれを知ったときにどういう反応をするのか……とても気になるところです。

さて、キャラの話。

うん、良い童女っぷりで、もう書くことがないよ!
※書きすぎると犯罪臭が強くなりすぎるので自重しました。

とりあえず、花名と冠のどっちを推すか……4月までには決めたいと思います。

最後に

あぁ……ワイの嫁たちがこのスケコマシに籠絡されてしまうのか!?

籠絡はともかく、デレさせてくれるのはありがたい。

彼女の活躍にも期待したいですね。

スポンサーリンク