スポンサーリンク

【UQ HOLDER!~魔法先生ネギま!2~】1話 感想:トラウマ確定!? キティバラバラ殺人事件

まず初めに言いたい。

OPは神か!?

懐かしすぎて前作を見ていたオッサン勢は涙目です。
泣くほどいいアニメだったかは甚だ疑問なんだけど、OPは間違いなく名曲でしたからね!(異論は認めない) 泣きたくなる気持ちも理解してもらえるだろう。

というわけで、UQ HOLDER! 魔法先生ネギま!2 1話「美女と少年の感想です。

※ネタバレを含みます。

※感想で出てくる「キティ」は雪姫さんのことです。

あらすじ

平穏で退屈な田舎に暮らす近衛刀太(Cv:高倉有加)の夢は都に行って一旗揚げること。
「私を倒せば、都へ行く許可を与える……」
育ての親であり、中学校の担任の教師でもある雪姫(Cv:松岡由貴)からそう告げられた刀太は、友人たちとともに、今日も雪姫に挑む!
そんな彼らにある日、同じ中学校の教師である橘が、「魔法を覚えてみる気はありませんか?」と持ちかけてきて…!?

※公式あらすじより

ラブコメ……どこ……?

赤松大先生といえば「ラブひな」や「ネギま」のような代表作品からラブコメの重鎮みたいな印象を持っている。
そんな赤松先生の作品、しかもネギまの続編となれば、ラブコメ愛好家の私としては期待せずにはいられませんよ!!

さぁ、萌え展開かもんぬ!!!!!

………

とんだグロアニメでしたorz

メガネの敵意バレバレ。
UQ(悠久)というタイトル、冒頭からの流れからして不死者になる展開がバレバレ。
戦闘シーンにもこれといった面白みを感じない。

これでラブコメがないのはきついよ!!

確かに冒頭で懐かしい展開はあったものの、

見てきた展開を改めて見せられてもなぁ……。あの強制全裸展開を再び目の当たりにしたとき、繰り返していいのはOPだけなんだよ、と言いたい気持ちになった。

キティに刀太が語り掛けるシーンも、受けた側はデレることもなくですし、どこか「家族」って印象が強い。二次元の「家族」、それも血のつながりが無ければ萌える展開があって然りだけど、そんなこともない。ある意味でリアルな関係性とも言えるんだけど、そんなもんは求めてなかった。展開など古臭い面があるんだから、萌えも古臭くあれと言いたい。(もちろんいい意味で言ってます
この作品というか、原作者の武器である「ラブコメ」という武器を使いこなせなかった、は語弊があるな。あえて使わなかった話で、それがプラスになったかマイナスになったか……私見では確実にマイナスになったかと。
キティもキティで、腕輪展開への反応がクールすぎたな。悪くはない、悪くはないけど非常に残念な反応でした。

評価:★★☆☆☆

面白くない。でも嫌いじゃない。

ネギま特有の「魔法使い=後衛」という概念ガン無視のバトルシーン、面白くはなかったが「ネギまだな~」と感慨深くて嫌いにはなれない。
そん中でも刀太とキティの関係のように新しい要素も出てきて、UQとしての期待も持たせてくれた。

とりま、来週からは王道ラブコメ突入っぽいし、それに期待していこう。

 

スポンサーリンク